ACSについて

会社概要

商号

Allied Carbon Solutions株式会社(アライドカーボンソリューションズ)
本店東京都新宿区西新宿8-3-32
電話番号03-5937-5736
Fax番号03-5937-5746
URLhttp://www.allied-c-s.co.jp
資本金253,620,000円
代表取締役山縣 洋介
取締役(インド担当)河上 達磨
取締役(財務担当)小野 和宏
取締役加藤 晋一郎
取締役古谷 公文
監査役木部 修実(木部税務会計事務所)
顧問弁護士弁護士法人 瓜生・糸賀法律事務所
取引銀行三井住友銀行 新宿西口支店
日本政策金融公庫 渋谷支店
Bank of India 東京支店、オーバーシーズ支店
State Bank of India 東京支店、ウダイプール支店
Allied Carbon Solutions Pte. Ltd.
住所10 Gopen Street, 25-02 Icon, Singapore 078878
Allied Carbon Solutions USA LLC
住所3 Cox‘s walk North Haven NY 11963
ACS Alternative Fuels Private Limited
住所Plot No: G-192-193, Gudli Industrial Area, RIICO, Gudli, Tehsil Mavli, Dist, Udaipur (Rajasthan)
事業内容 天然界面活性剤企画製造販売
バイオマス燃料用原料の輸出入事業
植林に関する事業
環境関連事業

沿革

2008年アライドカーボンソリューションズ蝓〜篭罰始
2008年本店を港区港南4−1−6に移転
2009年Allied Carbon Solutions USA LLC、3 Cox‘s walk North Haven NY 11963設立
2009年インド、マレーシア、カンボジアにて、非可食バイオマス資源調査開始
2010年ACS Alternative Fuels Private Limited設立
2010年独立行政法人 産業技術総合研究所 、及び国立大学法人 琉球大学と、非可食天然界面活性剤 : バイオサーファクタント(ACS−Sophor)生産を目的とした共同研究契約締結
2011年インド大手製薬会社とACS−Sophor生産可能性調査、研究開始
2011年本店を新宿区西新宿8-3-32に移転
2012年バイオディーゼル燃料代替品可能調査として非可食油をインドより出荷
2013年ACS−Sophor 商標登録完了
2013年インド大手製薬会社とACS−Sophor® 生産可能性調査研究終了、契約締結
2013年ACS−Sophor® 本格生産開始
2013年インドよりソープナッツパウダー輸入開始(クオリティチェック等、弊社現地法人により管理)
2013年ACS−Sophor® 衣料用洗剤に採用
2013年ACS−Sophor® INCI名登録(Candida Bombicola/Madhuca Longifolia Seed Oil Ferment Extract)
2013年ACS−Sophor® 日本化粧品工業連合会 表示名称登録(カンジダボンビコラ/マドフカロンギホリア種子油発酵エキス)
2014年CAS No 登録
Registry Number : 1573124-58-9
CA Index Name : Glycolipids ,, sophorose-contg ,, Candida bombicola-fermented, from D-glucose and mahua Madhuca longifolia fats and glyceridic oils
2014年ACS-Sophor® 食器用洗剤に採用
2014年非可食バイオマスを燃料代替品として、インドから輸出開始
2014年ACS-Sophor® 化粧品に採用
2015年米国環境保護庁(EPA)にてTSCA(Toxic Substance Control Act)取得

製品について

バイオサーファクタント ACS-Sophor®
(商標2013−015146)第1類

バイオサーファクタントACS-Sophorは、つくばの産業技術総合研究所と琉球大学、アライドカーボンソリューションズの共同研究によって生まれた、非可食天然油脂から作られた天然界面活性剤です。
マフア油を原料としたバイオサーファクタントの生産
【ジャーファメンター培養】
マフアの種
酵母菌
マフア油(融点が高い)
発酵プロセス
バイオサーファクタント
原料は非可食天然物

インドに自生するMadhuca longifolia(マフア)の種から絞った油脂を使用、食糧生産と競合しない天然油脂が原料です[特許出願中]

発明の名称
  • ソホロリピッドの製造方法及び該製造方法により得られたソホロリピッドを含有するソホロリピッド含有組成物
特許申請番号
  • 特願2013-024713
非病原性酵母から作られる天然界面活性剤

酵母Stamerella (Candida) bombicola でマフア油を取り込み・分解・資化後、新たに生合成により生産させた天然物です。これは脂肪酸にソフォロース(グルコース2個をβ-1・2結合させた2糖)がエーテル結合した構造をしており、化学合成法で経済的に作る事は難しく、新しい可能性を秘めた天然界面活性剤です。

高い界面活性力、低い起泡性(別頁参照)

ソホロリピッド類の臨界ミセル濃度(CMC)は10~40mg/L、 γ-CMCは30~40mN/mで、低濃度で高い表面張力低下効果を示します。これは一般的な合成界面活性剤・ドデシル硫酸ソーダ(SDS)の1/20 ~ 1/5のCMC濃度でバルキーな構造に起因するものと推定されています。一方、起泡性は低く、すすぎ易く皮膚刺激性の低い界面活性剤です。

天然の組成比(別頁参照)

ACSのバイオサーファクタントは、酵母が利用する上で意味のある組成比ではないかとの考えから、酵母が生産した状態のラクトン型、酸型組成比(8:2)のまま製品化しております。

高い生分解性(別頁参照)

天然物である為、ラウリン酸と同等の高い生分解性を示す

強力な開発・供給体制

本商品の技術開発は(独)産業技術総合研究所、琉球大学との共同開発で行い、製品供給はインドの自社工場で搾油した原料を用い、インド国内の企業に技術供与して当社管理下で製造・供給体制を確立しております。


応用関連資料

News

プレスリリース

※クリックする別ウィンドウで開きます。
2013年8月29日:(独)産業技術総合研究所
   掲載ページはこちら
2013年8月30日:日経バイオテク、化学工業日報、他
   掲載ページはこちら
   掲載ページはこちら
2013年9月2日:日本経済新聞新聞
   掲載ページはこちら
2013年9月2日:日刊工業新聞
   掲載ページはこちら

論文・資料集

※クリックするとPDFファイルが別ウィンドウで開きます。
1986年:The Journal of Toxicological Sciences
著者:Yuzo Ikeda, Takeshi Sunakawa, Shuichi Tsuchiya, Mituso Kondo and Kikuhiko Okamoto
論文: Toxicological studies on sophorlipid derivatives
2007年:Yakugaku Zasshi 128
著者:北本 大 (Dai Kitamoto)
論文: Naturally Engineered Glycolipid Biosurfactants Leading to Distinctive Self assembling Properties
2007年:Appl Microbiol Biotechnol (2007) 76:23-34
著者:Van Bogaert ,Karen Saerens ,Cassandra De Muynck , Dirk Develter , Wim Soetaert ,Erick J. Vandamme
論文: Microbial production and application of sophorolipids
2007年:Antimicrobial agents and Chemotherapy
著者:Vishal Shah, Daniel Badia, Peter Ratsep
論文: Sophorolipids Having Enhanved Antibacterial Activity
2009年:Journal of Bioscience and Bioengineering
著者:Yoshihiko Hirata, Mizuyuki Ryu, Yuka Oda, Keisuke Igarashi, Asami Nagatsuka, Taro Furuta, and Msaki Sugita
論文: Novel characteristics of sophorolipids, yeast glycolipid biosurfactants, as biodegradable low-foaming surfactants
2010年:MPOB Information series
著者:Norashikin Ahmad, Zafarizal Aldrin A Hassan
論文: Sophorlipid as an anti bacterial agent in liquid deodorants
2011年:International Journal of Molecular Sciences
著者:Thu T. Nguyen and David A. Sabatini
論文: Characterization and Emulsification Properties of Rhamnolipid and Sophorolipid Biosurfactants and Their Applications
2011年:Langmuir
著者:Minglei Chen, Chuchuan Dong, Jeff Penfold, Robert K. Thomas, Thomas J. P. Smyth, Amedea Perfumo, Roger Marchant, Ibrahim M. Banat, Paul Stevenson, Alyn Parry, Ian Tucker, and Richard A. Campbell
論文: Adsorption of Sophorolipid Biosurfactants on Their Own and Mixed with Sodium Dodecyl Benzene Sulfonate, at the Air/Water Interface
2011年:International Journal of Molecular Sciences
著者:Magdalena Pacwa-Plociniczak , Grazyna A. Plaza , Zofia Piotrowska-Seget and Swaranjit Singh Cameotra
論文: Environmental Applications of Biosufactants : Recent Advances
2011年:Journal of Environmental Management
著者:M.A. Hashim, Soumyadeep Mukhopadhyay, Jaya Narayan, Sahu, Bhaskar Sengupta
論文: Remediation technologies for heavy metal contaminated groundwater
2012年:Biotechnology Letters
著者:Roger Marchant, Ibrahim M. Banat
論文: Biosurfactants: a sustainable replacement for chemical surfactants?
2013年:Synthezyme
著者: Synthezyme LLC
論文: Synthezyme’s fungicides and antimicrobials
2013年:Synthezyme
著者: Synthezyme LLC
論文: Crude oil dispersions Bio cleaner for oil spill cleanup
2013年:Journal of Oleo Science
著者:Tomohiro Imura, Daisuke Kawamura, Tomotake Morita, Shun Sato, Tokuma Fukuoka, Yosuke Yamagata, Makoto Takahashi, Koji Wada and Dai Kitamoto
論文: Production of Sophorolipids from Non-edible oil by Stamerella bombicola NBRC 10243 and Evaluation of their interfacial Properties

お問い合わせ

お問合せは以下のメールにお願いいたします。

お手数ではございますが、
「会社名」 「担当者様お名前」 「メールアドレス」 「電話番号」 「お問い合わせ内容」
を記載して、メールをお送りください。